あたたかく、なつかしく。

舞鶴市には、1901年(明治34年)の旧海軍舞鶴鎮守府の開庁以降、明治期から大正期にかけて建設された赤れんが建造物が、数多く残っています。なかでも北吸地区の赤れんが倉庫群は、全12棟のうち8棟が国の重要文化財に指定されるなど、わが国でも有数の歴史的価値の高い赤れんがの建築群です。これらの建物を利用し、平成2012年に舞鶴市の観光交流施設としてオープンしたのが、「舞鶴赤れんがパーク」です。
舞鶴市では、このような貴重な歴史的遺産を活用し、市民と行政が協働した「赤れんがを活かしたまちづくり」を長年育んできました。 本市の歴史と文化を大切にするこの想いは広く共感を集め、これらの資産をまもり活かす取り組みは、市民の誇りとしてしばしば語られることになりました。 あたたかさと、なつかしさが溢れるこれらの景観は、各方面から高い評価をいただき、映画やドラマのロケ地としても頻繁に活用されています。


建築的・歴史的みどころ

赤れんがパーク内の建物は、舞鶴鎮守府の軍需品等の保管倉庫として、明治33年(1900年)に着手されて以来、大正10年(1921年)までに次々と建築されました。
中でも明治期のものは、明治34年~36年の3年余りの短い期間に建てられていますが、有名な日本海海戦が行われたのが明治38年(1905年)ですから、まさに当時の日本の国勢が伺えるといえます。これらは、外国産の鉄骨が使用されるなど、当時の国内の工業の未熟さが感じられる一方で、後の大正期に建てられた倉庫と比べ、外観に意匠的な工夫が凝らされており、急ピッチで進められた工事であるにもかかわらず、丹念に作られているのが興味深いところです。 これに対して、大正期のものは、国産の八幡製鉄造の鉄骨と組み合わせて大空間を作るなど、工法の違いも興味深いところです。今も残る建物内の構造物や設備と併せてご覧ください。